LINUX

仮想マシンマネージャを一般ユーザーで使用する

kvm
以前、linuxにVNCで接続する設定をしました。

CentOS7にVNCインストール
CentOS7にVNCをインストールする方法を記載します。 パッケージのインストール VNCユーザパスワードの登録 VNCでログインしたいユーザに切り替えて、パスワードを設定します。 systemctlでサービスの自動起動設定を行う /etc/systemd/system内にユニットファイルをコピーします。 /etc/systemd/system/vncserver@:2.serviceファイル内のをログインするユーザ名に変更する 編集が終了したらsystemdに設定ファイルを読込ませる。 VNCサービスの自動起動設定 VNCサービスの起動 画面サイズの設定 画面サイズの設定は以下の行を修正します。

vnc接続して作業をする必要があったので仮想マシンマネージャを起動したのですが、一般ユーザーでログイン後下記のエラーが出てlibvirtdに接続できなくなりました。

unable to open a connection to the libvirt management daemon

ググって解決したので解決策を説明します。

[環境]
CentOS7

設定ファイルの編集

/usr/share/polkit-1/actions/org.libvirt.unix.policyを編集
yesの部分をauth_adminに変更。

サービスを再起動します

この方法で解決しました。

-LINUX
-,