LINUX

sshのセッションが切断されるのを防ぐ


サーバにiterm2でssh接続していて何もしていないと自動で切断されてしまいます。
これを切断されないようにサーバのsshd.configで設定します。

/etc/ssh/sshd_configファイルを編集します。

ClientAliveIntervalはサーバーがクライアントにつながっているか確かめるメッセージを送って タイムアウトになる時間を秒数で設定します。デフォルトは0なのでメッセージを送りません。

ClientAliveCountMaxの方は、タイムアウトになった際に再度メッセージを送る回数です。 3であれば、ClientAliveIntervalが60の場合、 合計で60x3の180秒待つことになります。 デフォルトは3です。

設定を書き換えたらsshdを再起動します。

-LINUX
-